レンタルバイクのB-Renta バイクリースのメリット・デメリット

レンタルバイクの総合サイト「バイクレンタルサービス」です。レンタル予約やご相談はフリーダイヤル 0120-819-122(携帯からもOK)までお電話お待ちしております。

レンタルバイクを探す

日時、地域、排気量を選択して検索してください。レンタル可能車両が表示されます。ご希望の車両がない場合やお急ぎの方はお電話にてご相談承ります。

出発


返却


地域

車種

携帯もビーレンタ

バーコードを読み込んでください。簡単にアクセスできます。

携帯サイトQRコード
www.b-renta.jp/mb/

ツーリングもビーレンタ

K2 BikeTRAVEL

ビジネスもビーレンタ

宅配・業務・ビジネスもサポート

バイクリースのメリット・デメリット


購入とリースとを単純に比較すると、リース会社の手数料が加算される分リースのほうが高くなるのは当然であるが、あまり乗らないが最新モデルを常に持ちたい方、自分の手持ち金額より大きいバイクが欲しい方、中途解約や短期契約、クレジットカードでの月額リース料金の支払いが可能など多様な支払い方法に対応している。

【メリット】
バイク購入時に頭金などまとまった資金・頭金を用意しなくてもよい
常に最新のバイクに乗っていたい志向には適している。
契約期間終了時にオプションが選択できる
・新たにリース契約をして新車に乗り換える。以前のリース車は残価を原則支払わずに返却する
・残価を買い取り、自分の所有車とする
・リース期間を延長(3年契約の場合は2年など)し、継続してバイクを使う
【法人の場合】
企業でバイクを購入すると固定資産に計上され固定費扱いとなる。一方、リースでバイクを導入すると賃借料に計上され流動費扱いとなる。
台数に比例して車両管理の手間が煩雑になってしまう。車両管理の煩わしさを解消できる

【デメリット】
リースの契約期間終了後はリース会社へ返却しなければならず、契約者の財産にはならない
リース期間中据え置きとなる残価に対しても手数料(利息相当)が複利で計上される為、残価+手数料を買い取った結果としてオートローンよりも支払総額が割高になる
荒っぽく乗って想定以上にバイクを傷めてしまった時にはリース期間終了時の残価が予定額を割り込むことがあり、その場合は差額を一時に支払う必要がある

バイクリースの仕組みバイクリースとレンタルバイクの違いリース満了時の手続き